野菜ジュースで野菜不足は解消できない


野菜ジュース

時間がないスケーターの食事調査をすると時々遭遇するのが

「野菜ジュース」

おそらく、CMやパッケージのキャッチコピーで

「これ1本で一日分の野菜が摂れる」

というのがあるからでしょうね。私も、「1日分の〇〇を補う」というようなキャッチャコピーがついたお弁当なら買ってしまうと思います。

それがしかも「〇〇大学栄養学科とコラボ!」なんてなったら間違いなく買ってしまいますね。

こういう商品を手にする人は

そもそも自分の食生活が傾いていることがわかっている

または

健康に気を付けている風

ではないでしょうか?

そして、野菜ジュース1本で栄養のバランスをなんとかしようという思惑があるのだと思います。

 

私のいる名古屋では、名古屋市消費生活センターというところが2007年にくらしのホット通信で

100%野菜ジュース16銘柄、果汁を配合した野菜ジュース19銘柄の栄養価を計測して、1日に必要な野菜を350gとした場合、生の野菜から摂れる栄養価と比較した調査の報告をあげています。

その結果は、ほとんどの野菜ジュースが、野菜350gを食べるときに摂取できる栄養素を大きく下回るものという報告がされています。

たとえば、

★カロテンは十分な量を含むものもあるがほとんど含まないものもあった。

★ビタミンCやカルシウムの摂取はほとんど期待できない

という感じです。

詳しく記事を見たい方は→こちらから

 

野菜系飲料を飲むことと野菜を食べることは別。

 

これが結論となっています。

もしかしたらもともとは350gの野菜を使って野菜ジュースをつくっているのかもしれませんが、加工の過程でビタミンやミネラルが無くなっているのかもしれません。

でも、買う方としたらキャッチーなフレーズに誘導されてしまうことは間違いない。

また、野菜ジュース同様に青汁も人気がありますが、ケールなどの青野菜を搾ったものですから、品質が良ければそれなりに栄養を含んではいます。

ただ、お手頃価格の青汁が飲みたいという場合は注意が必要になります。

スムージーも家で作るものならいいのですが、外で売っているものは水でのばしたり、飲みやすいように砂糖が入っている場合もあるので注意が必要です。

 

選手のからだを気にして摂取する飲み物が実はあまり効果のないものだとしたら、それはやっぱり考えないとだめですよね。

子どもの朝食に必ず野菜ジュースを付ける方もいますが・・・・・さてどうしましょうかね。

一度考えてみてくださいね。
LINE@ 【女子アスリートの治療室】

著書「フィギュアスケーターの治療室から」でも反響の大きかった第2章の女子選手の悩み。ここに特化した情報を知りたいという、親御さんや治療家さん、指導者さんのお声からLINE@での配信を始めました。成長期の女子選手のからだの特徴などを中心に配信しています。成長期の生理の悩みや身体の変化、女子選手が持つ悩みや解決法などに特化しています。おともだち登録で、「本には載らなかった5つの女性アスリートの特徴」の無料PDFをプレゼント中です。登録時のお礼メッセージからダウンロードしてくださいね。

登録お待ちしています。

ID検索の場合は @ejy6331q

友だち追加

第2作目もでました。これは、LINE@女子アスリートの治療室 でのみ配信している記事のまとめになります。LINE@はバックナンバーの発行ができないので、見逃した分を読んでいただくためにも作成しました。電子書籍ですので、通常の紙の書籍よりもページ数も少なくとっても読みやすいと思います。

1-fujitasan-ebook amazonにて390円で販売されています。

 

【LINE@夢とお金の治療室】
活動資金、親御さんの老後に向けての資金などの問題解決のお手伝いをしているLINE@になります。こちらではどなたが登録しているかはわかりませんし、登録後の解除はご自由にできますので、一度登録して気に入らなければブロックしてもらって構いません。友だち追加特典として、今回は、【お金の事実】というコラムをダウンロードできるようになっています。今の時代のお金の違いや投資の必要性についても書いています。

LINE@夢とお金の治療室

ID検索  @lng5800o
友だち追加

夢とお金の治療室