摂食障害は【low energy availability】になりました


o0480048012549864343

(写真はLuvtelliが提供している小学生の理想的な1日の食事)

2015年に書いた記事のリライトです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日行った学会で面白いことを聞きました。

審美系の選手に食事調査をするとほとんどが「過少申告をする」ということ。

それだけ「私は食べていない」アピールをするということです。

アピールだけならいいのですが、私が食事指導をしている限りをみても

摂取量不足はあきらかです。

 

フィギュアスケートでは鈴木明子さんが【摂食障害】だったことを告白されていますが、

2007年に実は、アメリカスポーツ学会では【摂食障害】については

【摂食障害の有無にかかわらないlow energy availability(利用可能エネルギー不足)】へと変更されました。

これは、いわゆる摂食障害だけが、病的で危険とか思われるのではなく、その前段階である

食べないことへの警鐘をならすためでもあります。

 

energy availabilityとは、食事からとる摂取エネルギーから運動により消費されるエネルギーを引いた残りのエネルギー量をさします。

つまり【Low】とつけば、運動で使うエネルギーにたいして、食事で十分なエネルギーを得られていない状態をさすことになります。

ずばりいえば「食事量が足りない」ということです。

 

とくに見た目の美しさをも加味するようなスポーツではこの傾向が強くなってしまいます。

女子選手がこの状態を長く続けてしまうと、卵巣を刺激する脳からのホルモン分泌が低下したり、

骨代謝などを含む体の諸機能に影響を及ぼすと考えられます。

ここも簡単に言うと、生理周期がおかしくなったり、容易に骨折しやすくなるということ。

 

食事調査をしてみると、共通点として

【活動に必要な十分な食事量だけでなく、普段から食事量が少ない】

という印象があります。

 

オフの日と練習日では食事量をどれくらい変えるか?というと、身体活動レベルで考えると20%ほどちがってきます。

食べ過ぎを気にするのは、基本的に【オフ】であって、

練習しているのに、食事を減らすことは

low energy availability(利用可能エネルギー不足)

であって、

これは、今まで使われていた

【摂食障害】

につながっていくため注意が必要なのです。

ちなみに、摂食障害は自分のちからだけでは完治は難しくなります。

 

まずは、中学生以上であれば1週間、食べているものをすべて記録してみてください。

できれば、写真にとってみるのがいいですが、書き出すだけでも傾向がわかりますよ。

それをしっかりと親子でみること。

ご両親だって食事の知識は乏しいはずです。改善は一緒にすることが大事。

 

葵接骨院ではラボにて、選手の食事のアドバイスも行っています。

フィギュアスケーター向け治療メニューやトレーニングメニューも用意してあります。

食事に関してもお気軽にご相談いただければと思います。

血液検査