お金の備えはできていますか?


最近は、来院する患者さんにも

「先生は投資も教えているの?」

と聞かれるくらいになってきた感じです。

2年ほど前から、選手の親御さんや大人のダンサーさんやスタジオ経営者の方などをサポートする目的で投資を教え始めました。

でも蓋を開いてみたら、選手の親御さんよりも一般のマネーリテラシーの高い方が参加されている率が高い。

結局は、アンテナを張っている方かいないか・・・・

 

さて、投資は日本人はなぜか定年退職後に始める方が多いのですが、

子育て世代こそ始めるべきものだと最近は痛感しています。

 

高校卒業後、社会にでるのはほんの一部。

ほとんどが大学や専門学校などに進む道を選びます。

そう考えた場合、高校卒業後にはこども一人あたり1000万は進学費用としてほしい。

でも、これをいつから用意するか?が問題。

 

小学校中学校の時には習い事にも塾にもお金がかかる。

もし、ここでいっぱいいっぱいになっているようならかなり厳しい。

義務教育期間中は、出費が抑えられやすい時期でもあります。

この時期からお金の勉強をはじめて、実際に資産形成や運用を始めないと

高校卒業時にはかなり苦しくなるのが現状です。

奨学金をあてにしている方も多いと思いますが、

最近は奨学金の審査に落ちるかたも多くなってきていますよ。

そうなるともう、こどもの未来の道は制限がでてくるでしょうね。

 

スケーターやバレエの親御さんは特に実感していると思いますが、

一般の方であってもこれは子育て世代であれば一緒です。

 

私が教えているのはCFDという投資商品です。

株、国債、投資信託と違って聞きなれない商品だと思います。

株は、銘柄選定に時間が取られるのが嫌・・・

投資信託はこれまでも実績があるので引き続き継続するが、下げ相場にはちょっと弱い。

CFDは、銘柄選定がいらないし、負けないルールが明確化されているので、

初心者にはオススメですし、私みたいにめんどくさがりの人にも放置できるのでいい。

また、CFDの簡単なルールから、勉強を深めていくというのもすごくお勧めのコースなんですよ。

簡単から難しいにレベルアップしやすいから。

 

CFD自体は実は、インスタグラムの投資投稿の中ではかなりメジャーです。

私自身も最初はインスタで知ってから調べ始めて、

「これはいけるなぁ」

と手ごたえがあるのを感じました。

ただ、インスタをみていると投資経験に応じて簡単であるCFDでもつまづくポイントがあるなぁと感じたので、それらを解説する意味をこめて、また、情報収集が苦手な方向けに、きれいにポイントをまとめて紹介するというのを始めました。

 

自分でできる!という人はインスタでCFD(米国VI)をチェックしてみるといいですよ。

 

自分ではちょっと・・・という方はぜひセミナーを受講してみてくださいね。

これまでに45名が受講しており、全ての方をフォローアップしています。

・・・・・・・・・・・・・・

セミナー詳細です。

 

初回受講の方が各回2名以上で実施。

会場:葵接骨院 すべてZoom受講可能になっています。

受講料:初級編、応用編ともに11000円となっています。
再受講は今回より1100円だけいただきます。

支払い方法:当日現金 クレジットカード LINE Pay PayPay Zoomの方は振込またはクレジットカード

受講希望日
11月13日(水)応用 19:00~21:00
11月16日(土)初級 13:30~15:00
11月16日(土)応用 18:00~20:00
11月24日(日)初級 10:30~12:00
11月24日(日)応用 13:00~15:00
12月9日(月)初級 10:00~11:30
12日9日(月)応用 12:30~14:30
12月15日(日)応用 10:30~12:30
12月15日(日)応用 13:30~15:30
全てZoom参加可能
2名以上で実施

初級編は
CFDの基本情報(他の投資商品との違いや各種の商品説明)
どんな指数があるのか(各地域の指数 VIX指数 指数の特徴など)
実際の投資商品説明 米国VIとVIベア
取引方法と注意点 アプリの説明
CFD応用への入門

*事前にGMOクリック証券の口座開設をオススメします。
開設のお手伝いもしますよ。

応用編は
米国VIの復習・取引実例(各手法のまとめ)
価格調整について
VIX指数の上昇理由

ベア
投信信託からみるベアの特徴
複利ではない活用法

資金管理について
VIの両建て
ロスカット値
エントリーポイント(テクニカルチャートを使う方法)

時間をみて他のETFの紹介と実際のチャートを使ったチェック方法を行います。

お申込みはフォームメーラーより → こちらより