バランスシューズ

治療やベーシックトレーニングなどでマイナスからゼロと呼ばれるベースの身体が出来上がった状態で、さらにスケートで使える身体・パフォーマンスアップさせるためのトレーニングです。

いわゆるゼロからプラスに変えていくトレーニングです。

目標を決めて、そこから個人にあったトレーニングでより目標に近づけるためのサポートをしていきます。

リアラインや他の用具を取り入れたメニューを行ったり、何も使わないで自分の体重を利用したメニューを行ったりと目標・目的に沿ったものを提供します。

1回50分が目安のレギュラーセッションと、主にノービス以下の選手を対象にした25分程度のショートセッションを用意しています。

 

担当は当院スタッフ三輪和音(みわ わおん)

アートスポーツトレーナー 名古屋リゾート&スポーツ専門学校アスレティックトレーナー科にてリハビリやトレーニングの基礎を学ぶ。在学中、葵接骨院に出会いフィギュアスケーターの運動療法指導を担当。卒業後も葵接骨院のスタッフとしてフィギュアスケーター・バレエダンサーを中心に運動療法指導またパーソナルトレーニングを担当。現在までにフィギュアスケーターでは40名以上の初級からシニアまでの選手に運動指導を実施。 フィギュアスケートを中心にアートスポーツ・舞台芸術といった分野をサポートするトレーナーとして現在活動中。

 

*写真モデルは 塚本郁子さん(元全日本ラテンアメリカン2001~2006ファイナリスト、全日本セグエ選手権 2006準優勝、元中部日本ラテンチャンピオン 2006、元西部日本ラテンチャンピオン 2001~2005 商業スポーツインストラクター ラテンアメリカン1級)HPは → DANCE道場塚本

関連記事

お問い合わせに関して

お問い合わせフォームよりご連絡をいただく際に以下のことに注意してください。  …

バランスのとり方には2種類ある

バランスボール、ストレッチポール、バランスディスク、バランスボード・・・・ この中のど…

フィギュアスケーターのトレーニングに必要なもの

5年前に書いた記事のリライトです。 不思議なもので、5年前に書いているのに違和感がない…

陸で高く跳ぶ

木曜日は、フィギュアスケーター、バレエ、審美系の方向け記事になります。 先日、小塚崇彦…

運動音痴は遺伝しない

葵接骨院では、多くのスポーツ選手をみます。 親がやってきたことのないスポーツをこどもが…

オフアイストレーニングは必要か?

キーワード検索で多いのが 【フィギュアスケート オフアイストレーニング】というものです…

フィギュアスケートの陸トレ 親の課題 その2

前回はアメリカにおける陸トレのガイドラインの2つを紹介しました。 1. なぜそもそも選…

フィギュアスケートの陸トレ 親の課題は?

私のブログではなんどかUSフィギュアのサイトに上がる記事をこちらでも紹介してきています。 …

オフシーズンは何して過ごす?

7月1日からの新たなシーズンに向けてオフもいよいよ大詰めですね。 スケーターのみなさんはオ…